スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最年少上場社長 リブセンスを研究しよう!



12月東証マザーズに25歳の最年少上場社長が登場した。

2011年9月期の売上が8億円、最終利益が2億円強という。



ポイントは3つある。

①WEBサイト、WEBサイト、WEBサイト。

人材事業、中古車事業、不動産事業を営んでいるのだが、

全てWEBサイトに集客し、WEBサイトを通じてのビジネスにしているのだ。

学生のときに立ち上げているので、無論 人材や中古車や不動産に精通、熟練

しているわけではない。

むしろ、業界人ではないので

従来からの慣習、枠にとらわれない発想ができるために

ビジネス化できたといえる。

とはいえ、リアルで業界経験のないものが

何かを売ることはできず、やはりWEBなんですよね。

WEB社会だからできたことなんですよね。


WEBには、企業を新生、再生する力がある!


②キャッシュポイント

お金を誰から、どの段階で頂戴するかということ。

リアルでは当たり前のことが

WEBの世界では、当たり前がないのだ。

リアルにおいては、当たり前のことです。

例えば、コンビニでモノを買って、その場で店の人にお金を払う。

店側すると、お客様にモノを売って、その場でお金を頂戴する。


しかし、WEBにおいては、この当たり前ということが

ないために

WEB事業をはじめる場合に

誰からいつお金をいただくか

このキャッシュポイントについて

考える必要があるのです。

実際、キャッシュポイントという単語を

使う人は、少なからずWEBで事業をしている人です。


例えば、このリブセンス

今まで、人材を募集したい企業が

他のサイトに案内をしようとすると

WEBサイト企業は、情報掲載料をもらっていた

そこを、このリブセンスは無料にしたということです。



③少人数経営

少人数であれば、爆発的に儲ける必要がない。


モノやサービスの価格の付け方に

コストアップ法というのがあります。

つまり、原価の積み上げで価格を決める。


今まで、大企業が独占していたような商品やサービスは

大企業コストとして価格を決めていることがあり、

安くすることで

大企業比 優位に立てることがあります。


リブセンスは、従業員数が少ないため

低料金でも十分にやっていけるということ。


注)一方、大企業の量産型によって

原価が安くなることもあります。





















スポンサーサイト

テーマ : 起業
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

起業家           萩原貞幸

Author:起業家           萩原貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長             
京都大学卒業
京都大学大学院修了

摂南大学 非常勤講師 「ベンチャー論」「ビジネスプラン」
日本証券アナリスト検定会員

エリートコースを自らコースアウトしたことから人生激変。精神的・経済的にドン底の日々を過ごす。しかし「自ら行動するしかない」と決心。その後、「経営」と「資産運用」の知識・経験・実績を武器に、「事業再生」をはじめ数々の事業を立ち上げ、自らフロントに立って実践中。

現在は、

企業経営、新規事業、起業がうまくいかず
悩んでいる皆様へ

立て直しのコンサルティングを行なっている。

お気軽にお問合せください。

事業がうまく回り出せば、
みんなが豊かになれる。


経営、ファンドに関するセミナー等多数

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
5847位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
1052位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
☆売上アップ!!を希望される方。メルマガ
メルマガ登録・解除
 
お気軽に、ご相談ください。
起業・開業でお悩みのご経営者様

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日のランキング!!!!
本日の萩原貞幸はランキング何位? ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 経営ブログ 会長へ
にほんブログ村
萩原貞幸のブログ一覧 リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。