スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営者の視点 牛丼3社値下げに疑問?

米国産牛肉 輸入の規制緩和により、

月齢20ヶ月以下から30ヶ月以下になる。

これにより輸入価格が下がっている。



そのため、牛丼3社「すき屋」「松屋」「吉野家」期間限定で値下げするという。



消費者としては、安いにこしたことはないであろうという発想だと思うが、

経営者の視点から、次のような問題があると考える。





①消費者心理として安いものへ一方的に向かわない

現在、政府の方針としてデフレ解消が掲げられ、

数々の施策がだされているところである。

足元、円安、株価上昇もあり、少し景気が上向いていると感じ始め、

消費者心理としてもインフレを受け入れつつある。

こういう状況下においては、安ければ安いほどいいということには

案外ならないないのです。

少し高くても良いもの、納得できるものに向かうのです。



これが、

デフレ局面においては、とにかく安いものに向かうのですが。





②一旦、値下げすると値上げしにくい

インフレ、消費増税によって少しずつモノの値段、

サービスの値段を企業側が上げてくると思われるが、

その際 一旦安価にしてしまうと、上げにくくなるのです。

表示価格として値上げ表示することは簡単ですが、

お客様が反応しないのです。





③付加価値をつけるという戦術をとるべし

現在、牛丼各社はライバルとしてコンビニを挙げるが、

コンビニは付加価値で勝負している。

弁当を見てもメニュー、内容、価格、頻繁にブラッシュアップされている。

牛丼各社も、付加価値を考えるべし。



昼ごはんの時間がないとき、ときどき「かっぽうぎ」という定食屋にいくのですが、

先日、30円ほど値上げになっていましたが、

1品増えていました。こういうのも一つですね。



そして、何より付加価値のために社員がアイデアを出し、取り組み、

ひいては給与が上がる形にしなければなりません。
スポンサーサイト

テーマ : 経営コンサルタントからのアドバイス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

起業家           萩原貞幸

Author:起業家           萩原貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長             
京都大学卒業
京都大学大学院修了

摂南大学 非常勤講師 「ベンチャー論」「ビジネスプラン」
日本証券アナリスト検定会員

エリートコースを自らコースアウトしたことから人生激変。精神的・経済的にドン底の日々を過ごす。しかし「自ら行動するしかない」と決心。その後、「経営」と「資産運用」の知識・経験・実績を武器に、「事業再生」をはじめ数々の事業を立ち上げ、自らフロントに立って実践中。

現在は、

企業経営、新規事業、起業がうまくいかず
悩んでいる皆様へ

立て直しのコンサルティングを行なっている。

お気軽にお問合せください。

事業がうまく回り出せば、
みんなが豊かになれる。


経営、ファンドに関するセミナー等多数

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
6003位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
1082位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
☆売上アップ!!を希望される方。メルマガ
メルマガ登録・解除
 
お気軽に、ご相談ください。
起業・開業でお悩みのご経営者様

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日のランキング!!!!
本日の萩原貞幸はランキング何位? ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 経営ブログ 会長へ
にほんブログ村
萩原貞幸のブログ一覧 リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。