スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イオン ダイエーを子会社化の思惑toha

・イオン側

丸紅からの要請で20%出資していたが

実際イオン側のメリットはあまりなく、

今回、丸紅株分を取得して役員を派遣、ダイエーをイオン化する様相。


イオン化できればPB商品の流通、スケールメリットを活かせる部分も多い。


2008年以降 赤字続きのダイエーで、今回の取引額が格安とはいえないが、

比較的安い金額で手中にできるためメリットはあろう。






・丸紅側

当初のダイエー株 取得額884億円
今回の売却額130億円


負の資産処理。


上場企業の場合、どうしても大きな損失がある場合

先送り、もしくは将来利益が出たときの抱き合わせ処理になりがちですが

買収する場合、ファンド形態でも、傘下におさめるプリンシパルの形態であっても

ロスカットのルールが必要。


取得額の何%を割り込むと売却するというルール。

商品トレーダーのルールのように。


ダイエー買収の損失額は多大。




また、当初 小売を傘下に置くことにより、

川上から川下まで一気という構想であったが

やはり、川上を得意とする商社において、

川下 リテールの経営は、やはり勝手が違うのか。



ダイエーについては、いろいろな問題もあるのであろうが、

ダイエー買収の成功スキームは、やはり非上場化によって意思決定をはやめ、

ある程度の資金を投下して立て直すというのが良かったのではないか。



上場維持するがために中途半端になってしまった感がある。
スポンサーサイト

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

起業家           萩原貞幸

Author:起業家           萩原貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長             
京都大学卒業
京都大学大学院修了

摂南大学 非常勤講師 「ベンチャー論」「ビジネスプラン」
日本証券アナリスト検定会員

エリートコースを自らコースアウトしたことから人生激変。精神的・経済的にドン底の日々を過ごす。しかし「自ら行動するしかない」と決心。その後、「経営」と「資産運用」の知識・経験・実績を武器に、「事業再生」をはじめ数々の事業を立ち上げ、自らフロントに立って実践中。

現在は、

企業経営、新規事業、起業がうまくいかず
悩んでいる皆様へ

立て直しのコンサルティングを行なっている。

お気軽にお問合せください。

事業がうまく回り出せば、
みんなが豊かになれる。


経営、ファンドに関するセミナー等多数

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
4875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
884位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
☆売上アップ!!を希望される方。メルマガ
メルマガ登録・解除
 
お気軽に、ご相談ください。
起業・開業でお悩みのご経営者様

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日のランキング!!!!
本日の萩原貞幸はランキング何位? ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 経営ブログ 会長へ
にほんブログ村
萩原貞幸のブログ一覧 リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。