スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク取引所買収から起業チャンスを考えてみる!

なぜか?

ICE(インターコンチネンタル取引所)が
NYSE(ニューヨーク証券取引所)を買収する!

買収金額は、およそ6900億円

両取引所の時価総額を足すと約1500億ドルとなり、

世界でみると、香港取引所、CME(シカゴマーカンタイル取引所)

につぐ第3位となる。


ブランド力、200年の歴史、売上高を考えると

NYSEの方が圧倒的だが、


今回 創業12年の新興電子取引所ICEがNYSEを買収するという。



その理由は3つあると考える。

1.純利益

売上はNYSEの方がはるかに大きいが、

やはりM&Aにおいて収益力が重視されるため純利益額、

利益率が高い企業に軍配が上がる。



2.時価総額

純利益も要因の一つであるが、株式時価総額がICEの方が高い。

これは投資家からの将来評価を意味し、やはり時価総額が高い企業主導になる。


3.成長戦略

NYSEは伝統的現物株取引が主であり、成長戦略を描きにくい。

一方ICEは幅広くデリバティブ取引を行っており、

商品開発、取引拡大において成長の余地がかなりある。



ここで、起業チャンスについて考えてみる。

ITを前提とした企業が老舗企業を買収するという構図は、

業界によらず増えてくると考える。


従来型企業がIT化しようとすると、どうしても人のこと含め

劇的に会社の仕組みを変えがたいため不採算の部分が出てしまう。


一方、ITを前提とした後発企業においては、

はじめから効率性を追求して会社の仕組みを作っているため

IT化経済社会にマッチしており生き残りに関し優位である。



既存業界にIT手法を取り入れたビジネスを構築できれば

勝てるチャンスが十分にある。








スポンサーサイト

テーマ : 経営コンサルタントからのアドバイス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

起業家           萩原貞幸

Author:起業家           萩原貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長             
京都大学卒業
京都大学大学院修了

摂南大学 非常勤講師 「ベンチャー論」「ビジネスプラン」
日本証券アナリスト検定会員

エリートコースを自らコースアウトしたことから人生激変。精神的・経済的にドン底の日々を過ごす。しかし「自ら行動するしかない」と決心。その後、「経営」と「資産運用」の知識・経験・実績を武器に、「事業再生」をはじめ数々の事業を立ち上げ、自らフロントに立って実践中。

現在は、

企業経営、新規事業、起業がうまくいかず
悩んでいる皆様へ

立て直しのコンサルティングを行なっている。

お気軽にお問合せください。

事業がうまく回り出せば、
みんなが豊かになれる。


経営、ファンドに関するセミナー等多数

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
6125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
1111位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
☆売上アップ!!を希望される方。メルマガ
メルマガ登録・解除
 
お気軽に、ご相談ください。
起業・開業でお悩みのご経営者様

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日のランキング!!!!
本日の萩原貞幸はランキング何位? ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 経営ブログ 会長へ
にほんブログ村
萩原貞幸のブログ一覧 リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。