スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスプランは3者にあてて書く!!!

ビジネスプランは

誰のために書くのか?


大きく3者に向けて

書く必要があります。


それは

①自分

②協同者

③協力者




①自分

ビジネスプランは、まず自分に書きます。


自分のアイデアを具現化するために

そもそも具現化できるものかをはかるために

自分の考えを整理するために

書くのです。


頭の中で、考えるときには

儲かる、いい事業と

思っていても

文字化、数値化していくと

ビジネスとしての成立が

難しいと思うときも

結構あります。




②協同者

自分のアイデアが

ビジネスプランに落とし込めたら


次は、一緒に取り組んでいる人

例えば、パートナーや

社員、社員候補者

に対して書きます。



「このビジネス おもしろい!有望だ!」

と思って納得してもらえるプランに

していく必要があります。



③協力者

そして、ビジネスを実際にはじめるにあたって

第三者としての協力者

取引先や資金支援してくれる先に


「それでは、協力しましょう!」と

言っていただけるように書くのです。



ビジネスプランは、当然1つです。

それを、少なくとも

この3者に理解してもらえるよう

書いていく必要があるのです!



















































スポンサーサイト

テーマ : 起業
ジャンル : ビジネス

ビジネスプランの構成は、こうするとわかりやすいです!

ビジネスプランを作成するとき、


フリーハンド 

つまり自由書式、項目で書いてもよいのですが



ビジネスプランは、自分以外の第三者にも

理解してもらう必要があるため

一般的によく使われる構成に従う方が

結果として、皆さんにとってわかりやすいものができます。



一般的にというのは、

MBAや中小企業診断士の教科書等に

ビジネスプランが体系化して書かれていることが

多く、こうしてビジネスプランについて学んでいる人が

増えてきているためです。





その、ビジネスプランの構成とは、



1. 経営理念 ・・・企業・事業の社会的存在意義や使命(ミッション)を表したもの

2. ビジョン ・・・中期間後における「企業のあるべき姿【目標】」

3. 環境 ・・・企業を取り巻く環境、自社の環境を調査・分析


4. 事業内容 ・・・事業の基本的な仕組み 顧客満足の仕組み 利益を生み出す仕組み

5. 戦略  ・・・『企業のあるべき姿【目標】』と現在の状況とのギャップを埋める具体的な方法

以上

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

収益の最大化を目指すには、時間の切り売りではなく、やはり「仕組み化」しかない!!

ビジネスを仕組み化すること。

この仕組み化を発想すること、構築することは、

いくつかの点において非常に重要なことです。



例えば、自らの収益を最大化するにあたって。


自分の時間の切り売り、つまり時間給によって

収益を得ていく限りにおいては、限界があるのです。


例えば、時間給900円のアルバイト。

1日8時間、1月22日働くとすると

月の労働時間が8時間×22日=176時間

176時間×900円=158,400円

これが、上限となってしまいます。



違う例えで、弁護士さん。

時間給3万円。

1日6時間、1月20日働くとすると

(時間給としていただけるのが、上記であり実際はそれ以外の

 業務もあります。)

月の労働時間が6時間×20日=120時間

120時間×3万円=360万円

すごい金額ではありますが、これが上限なのです。




したがって、それ以上に収益を上げようとすると

仕組み化
(=自分の時間を切り売りすることなく
  収益が上がる仕組み)

する必要があるのです。



復習。

いきなり仕組み化を発想・構築しようとするから、

難しいのでした。

手間、暇 かかりますが、

まず自らの時間の切り売りから

はじめるのが、定石です。




順序は、こうでした。


   ① 自らが時間を切り売りして収益を稼ぐ
   ② 外注、アウトソース
   ③ 社員を抱え、会社化
   ④ 社員を育て、オーナー化
   ⑤ 仕組み化の完成


以上

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

いきなり「仕組み化」は難しい、こんなステップで仕組み化してみよう⇒公開

それでは、仕組み化までの

ステップをお教えします。

   
   ① 自らが時間を切り売りして収益を稼ぐ
   ② 外注、アウトソース
   ③ 社員を抱え、会社化
   ④ 社員を育て、オーナー化
   ⑤ 仕組み化の完成






たとえば

稼いでいる弁護士のパターンでみてみましょう。


弁護士でも、

フリーター的に働く人や

会社員的に働く人や

オーナー&パートナーとして働く人。

いろいろな働き方があります。



この中で、一番稼いでいる人は

オーナー&パートナーの方々です。

この方々は、普段ゴルフに行っていても稼いでいる方々です。

(笑)


では、この方々が、どうやってこうなったか?

ご説明します。




決して、いきなりこの仕組みを作り上げたのではありません。

こんな感じです。

①まず、自ら一人の弁護士として仕事をした。
 時間給でバリバリ働く

②仕事が増えてきたため、自分以外でもできる業務を外注化した。

③ますます仕事が増えてきたため、社内スタッフ(弁護士)を採用した。

④社内スタッフ(弁護士)に、自分の業務ができるように教育した。



そして、自らは、オーナーとして会社に関わるだけでよくなった。

これが「仕組み化」までのステップです。


いきなり「仕組み化」を狙うから難しいのです。

コツコツ積み上げていく

時間はかかります。回り道のように

見えるかもしれません。

しかし、これが

確実な方法なのです。




テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

プロフィール

起業家           萩原貞幸

Author:起業家           萩原貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長             
京都大学卒業
京都大学大学院修了

摂南大学 非常勤講師 「ベンチャー論」「ビジネスプラン」
日本証券アナリスト検定会員

エリートコースを自らコースアウトしたことから人生激変。精神的・経済的にドン底の日々を過ごす。しかし「自ら行動するしかない」と決心。その後、「経営」と「資産運用」の知識・経験・実績を武器に、「事業再生」をはじめ数々の事業を立ち上げ、自らフロントに立って実践中。

現在は、

企業経営、新規事業、起業がうまくいかず
悩んでいる皆様へ

立て直しのコンサルティングを行なっている。

お気軽にお問合せください。

事業がうまく回り出せば、
みんなが豊かになれる。


経営、ファンドに関するセミナー等多数

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
7062位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
1199位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
☆売上アップ!!を希望される方。メルマガ
メルマガ登録・解除
 
お気軽に、ご相談ください。
起業・開業でお悩みのご経営者様

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日のランキング!!!!
本日の萩原貞幸はランキング何位? ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 経営ブログ 会長へ
にほんブログ村
萩原貞幸のブログ一覧 リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。